豆知識・交通事故にあってしまったら‥‥

交通事故にあってしまった!どうすればいい?

万一交通事故にあってしまった場合はどうすればいいでしょうか。事故直後は、ほとんどの人が混乱してしまうものです。今のうちに事故が起きた時にやるべき事を整理しておきましょう。

交通事故にあってしまった時に覚えておきたい5つの事

ケガ人がいたら、何よりも先に救護を行いましょう

交通事故にあったらまず、危険な場合は速やかに車を安全な場所に停車しましょう。加害者・被害者問わずに負傷者がいたら救急車を呼ぶとともに、必要に応じて応急救護を行います。二次災害を防ぐため、負傷者が軽症なら安全な場所に避難してもらいましょう。

 

 

警察へ連絡しましょう

些細な事故であっても、必ず警察へ連絡しましょう。警察への届け出をしないと、保険会社に損害賠償金を請求する際に必要な【交通事故証明書】が発行されません。交通事故証明書がないと基本的に保険会社は保険金の支払いをしません。加害者には届け出の義務がありますが、加害者が届け出をしない事があります。届け出をした警察署と担当官をメモしておきましょう。

 

 

相手方と車両の確認&事故状況の記録

事故相手の名前、住所、電話番号、車のナンバー、保険会社名を確認しましょう。事故状況の記録を残すために事故現場の痕跡、ブレーキ痕、壊れた車の故障部位、相手方の車の写真を撮り、可能であれば、免許証、車検証の写真を撮らせてもらいましょう。もし、目撃者がいたら証言をメモし名前と連絡先を聞いておくと安心です。

 

 

保険会社へ事故の連絡をしましょう

どのような事故でも加入している自動車保険の保険会社、または代理店に連絡しましょう。後からトラブルを避けるために、その場では口約束などをしないようにしましょう。

 

 

 

 

あやせ駅前ひだまり整骨院・愛和整骨院へ

事故直後は事故のショックで緊張状態になりケガをしていない、もしくは軽傷だと感じてしまう場合が多く、後から痛みが出てくる事があります。症状が出ていなくても必ず早めに受診してください。当院と連携している整形外科へご紹介させていただきますので、病院での精密検査をうけ身体の状態をしっかりと確認しましょう。

気を付けたい注意点

事故現場で損害賠償の話し合いなどをしない

事故の示談交渉は、全ての治療が完了して今回の事故の費用全体が分かってから行われますので、その場で現金の受け渡しや安易に念書の記載や捺印などをしないようにしましょう。

実況見分調書が作成される時は自分の主張、事実をはっきりと述べる

事故後に警察へ連絡すると、現場へ駆けつけた警察官は事故がどのように起こったかという【実況見分調書】を作成します。過失割合の判定はほとんどこの実況見分調書を元に判断されますので、自分が思った事などを正々堂々と述べる事が大切です。交通事故のトラブルではほとんどの場合、過失割合が問題となります。

 

 

ひだまり整骨院・愛和整骨院は、交通事故治療を得意としております。

https://love-peace-ayase.com/jiko/